女性活躍推進法に関する取り組み

~はじめに~

和歌山太陽誘電は、従業員が安心して働きながら、仕事と家庭を両立し能力を充分に発揮できる職場環境を整えています。
今後も従業員一人ひとりが働きやすい環境のもと活躍できる事が大切だと考え、「一人ひとりが活躍できる職場環境作り」に取り組むと共に、女性活躍推進に関しての情報を公表し、2019年度からの3ヵ年で目標実現できるよう努めてまいります。

行動計画

1. 計画期間

2019年4月1日~2022年3月31日(3年)

2. 数値目標

3年間で採用する正社員に占める女性の比率を平均25%以上とする。

3. 実施時期・取り組み内容

2019年4月~

  • 2019年度中に年次有給休暇の取得単位を半日単位から1時間単位に変更する。
  • 採用説明会で女性活躍推進に関する取り組み内容をPRする。

2020年4月~

  • 育児短時間勤務制度の対象を、現行の「小学校就学前」から「小学3年生まで」へ拡大する。

2021年4月~

  • 看護休暇の取得対象を、現行の「小学校就学前の子」から「小学生以上も含めた2親等内までの家族」へ拡大する。

採用実績と採用者に占める女性比率

【分析結果】
2013年には11%であった採用者に占める女性比率は、2015年以降は15%以上を保ち上昇傾向にあります。また、2016年に3ヶ年で策定した女性活躍推進行動計画である

《目標:採用者に占める女性比率を20%以上とする》

も3年目で達成となりました。
今後も継続して女性の積極的な採用を行っていきたいと思います。

労働者に占める女性労働者の割合

【分析結果】
2012年から3年毎の従業員数と女性比率は、上昇傾向にあります。
女性を積極的に採用し、働きやすい職場環境づくりに取り組んできたことが、上昇の要因だと考えられます。
今後も、結婚・出産を経ても職場復帰し、育児をしながらも働きやすい職場環境づくりに努める事により、女性の定着率UPに繋げていきたいと思います。

ページの先頭へ戻る