女性活躍推進法に関する取り組み

和歌山太陽誘電は、従業員が仕事と家庭を両立し、安心して働きながら能力を十分発揮できる職場環境の整備に取り組んできました。
今後も従業員の意見を取り入れながら職場環境の整備を継続し、多くの意欲ある女性が活躍できる職場を作っていきたいと考えています。女性社員の少なさが課題である当社は、女性活躍推進法をきっかけにその課題を解決するため、次の通り行動計画を策定しました。

行動計画

1. 計画期間

2019年4月1日~2022年3月31日(3年)

2. 数値目標

3年間で採用する正社員に占める女性の比率を平均25%以上とする。

3. 取組内容

2019年1月~
育児短時間勤務制度の対象を、「3歳未満の子を養育する方」から「小学校就学前の子を養育する方」へ拡大。
2019年4月~
採用説明会で女性活躍推進に関する取り組み内容をPR。
2020年4月~
男性の育児休暇取得の推進
2020年4月~
年次有給休暇の取得単位を半日単位から1時間単位へ変更。

採用実績と採用者に占める女性比率

2013年に11%であった採用者に占める女性比率は、2015年以降は15%以上を保ち上昇傾向にあります。

労働者に占める女性労働者の割合

2012年以降、従業員数に占める女性比率は上昇傾向にあります。
女性を積極的に採用し、働きやすい職場環境づくりに取り組んできたことが、女性比率向上の要因だと考えています。

有給休暇取得率(2019年8月31日現在)

60.4%

ページの先頭へ戻る