太陽光発電システムの導入

2020年5月28日

工場屋根へ太陽光発電システムを設置しました。

当社は低炭素化社会の実現並びにBCP対策に向け、工場屋根上へ太陽光発電システムを導入しました。
和歌山県は日本有数の日照時間を誇るため、太陽光発電の導入により屋根上資産を有効活用できると考えています。

導入した太陽光発電システム容量は370Kw。
発電した電力は自社工場で利用し、購入電力を年間約42万Kwh削減する効果を見込んでいます(約120世帯分の年間電力使用量に相当)。

今回の取り組みに留まらず、今後も再生可能エネルギーを活用した生産活動により、環境負荷低減に向けた取り組みを継続していきます。

ページの先頭へ戻る